メディプラスゲルとドクターシーラボ:混合肌にオススメなのはどっち?

メディプラスゲルとドクターシーラボ:混合肌にオススメなのはどっち?

◆メディプラスゲルとドクターシーラボ:混合肌にオススメなのはどっち?

 

乾燥肌の性質と脂性肌の性質を持つ混合肌に悩みを抱える女性はたくさんいると思います。
夏でも冷房の風ひとつでお肌が急に乾燥してしまったり、暑くも無いのに急に鼻の周りが脂だらけになったり、ホントに混合肌というものは厄介な性質を持っています。

 

しかし、【メディプラスゲル】と【ドクターシーラボ】という夢のオールインワンゲルが登場したおかげで、混合肌に悩みを抱える人たちは救いを得ることが出来ました。

 

「お肌が見違えるようにキレイになった!」、「手軽なのに効き目が凄い!」
このような喜びの口コミがネットサイトのあちらこちらに飛び交っています。

 

しかし、一見同じ性質を持つように見える【メディプラスゲル】と【ドクターシーラボ】ですが、開発元が違う以上異なる面が必ず存在すると思うんです。

 

異なる面があるということは、“混合肌にとって最も効果的である”のは二つの内どちらかなのか気になりませんか?

 

【メディプラスゲル】と【ドクターシーラボ】は、果たしてどちらが混合肌にとってより効き目が高いのか検討してみたいと思います。

 

◆低摩擦に優れているのはどっち?

 

混合肌は“外部からの刺激に非常に弱い”という性質を持っています。
そのため、摩擦や刺激を引き起こす成分を含む化粧品を混合肌に使用した場合、肌荒れや炎症と言った肌トラブルを引き起こします。

 

つまり、混合肌にスキンケアを行う場合、低摩擦・低刺激の化粧品を選ぶ必要があるということです。

 

では、【メディプラスゲル】と【ドクターシーラボ】を比較した時、低摩擦・低刺激の性質がより高いのはどちらか検討してみましょう。

 

【メディプラスゲル】は合成界面活性剤・防腐剤・香料・着色料・鉱物油と言った摩擦や刺激の強い化学物質を一切取り入れていません。
つまり、低摩擦・低刺激に非常に優れているスキンケアゲルと言えるでしょう。

 

また、【メディプラスゲル】はボトルに含まれるゲルが外部の不純物に侵されることのないようにボトル式を用いています。
常に清潔な状態のゲルが使用可能ということは、刺激に弱い混合肌にとって最適であるということです。

 

【ドクターシーラボ】からは、超敏感肌用【薬用アクアコラーゲンゲル・スーパーセンシティブ】を比較の対象とさせて頂きました。

 

【薬用アクアコラーゲンゲル・スーパーセンシティブ】も【メディプラスゲル】と同様にお肌に刺激を与える化学物質は使用されていません。

 

しかし、ゲルを入れる容器は上蓋を開閉して使用するタイプのため、ゲルを常に清潔に保てる保証はありません。
その理由として、【薬用アクアコラーゲンゲル・スーパーセンシティブ】は約4ヵ月分使用可能なゲルが用意されています。
4ヶ月間もの間、毎日使用するたびにゲルが外気に触れるということは、空気中に存在する埃や花粉などの刺激物が混入する可能性が無いとは言い切れないのです。

 

以上、検討してみた結果、埃や花粉などのお肌に刺激を与える物質が混入する可能性が高い【ドクターシーラボ】よりも、常に清潔なゲルを使用することが出来る【メディプラスゲル】のほうが刺激に敏感な混合肌にはオススメであるという結果になりました。

 

しかし、使用成分が異なるため一概にも【ドクターシーラボ】が劣っているとは言えません。
混合肌にも人それぞれに症状の具合や程度が違うため、【ドクターシーラボ】のほうが向いている方もいらっしゃると思います。

 

ですから、今回行った比較検討はあくまで参考程度に留めておいてほしいと思います。

 

関連記事 「メディプラスゲルとドクターシーラボを乾燥肌の効果で比較するとこうなりました。」